どこに何置いてる?? 収納場所の決め方のコツ

こんにちは!
暮らしにインテリアと使いやすさのバランス
広島県福山市のライフオーガナイザー®木づき朋子です。

今日は、「どこに何を収納していいか分からない」という方へ、収納場所の決め方についてお伝えします。

空いているところを収納場所にするのはNG

モノの収納場所を決める時に、
「あそこの場所が空いているから、そこに入れておこう」と決めてしまうことはありませんか?

例えば、新しく買った調理器グッズ、置き場がないから吊り戸棚に入れておこうとか。
新しく買ったヘアケアグッズ、とりあえず洗面台下収納の空いた隙間に突っ込んでるとか。

場所に合わせてモノの収納場所を決めていくとどういう事が起こるか…。

それは使った後に決めた場所に戻すのが面倒になり、
結局その辺に置きっぱなしになるんですよね…。

きちんと戻せるとしても、毎回手を伸ばしたり、しゃがんだりというめんどくささは出てきます。
毎日取り出すたびに、なだれを起こす…なんてことになってたらちょっとピンチです(;´Д`)

 

ゴールデンゾーンを上手く使うのがコツ

人が立って、目の高さから腰までの範囲を、
「収納のゴールデンゾーン」と言います。

ゴールデンゾーン

この範囲は、体に負担なく出し入れがしやすい範囲です。
毎日使うモノや、週に数回使うモノはこのゴールデンゾーンに収納するのがおススメなんです。

月に数回、また年に数回しか使わないようなものはゴールデンゾーンの範囲外に置くといいですね。

先ほどの例で出した新しい調理グッズ、週に数回使おうと思って買ったとします。
そしたら、収納場所を決める時は、空いている吊り戸棚に入れるのではなく
ゴールデンゾーンの中でどこにあったら便利で使いやすいかをまず考えます。

あまり出番のないモノがゴールデンゾーンにあったら、それを吊り戸棚へ。
新しい調理グッズを使いやすい空いた場所へ置く、というわけです♪
ゴールデンゾーンに、普段よく使うモノが集約されているのが理想的な収納配置です。

 

ちなみに、大人にとってのゴールデンゾーンと子供にとってのゴールデンゾーンは違います。
子供のゴールデンゾーンは、低く、範囲も小さいです。
なので、子供のおもちゃや学用品は、子供のゴールデンゾーンを意識して
収納場所を決めてあげるといいですね‼

 

ライフサイクルごとにゴールデンゾーンを見直す

食器棚

ゴールデンゾーンを意識してモノを配置すると、毎日の暮らしがとてもラクになります。

整理・片付けをする=普段使っていない場所を綺麗にするイメージもあるかもしれません。
でも、まずは、普段使う場所のキッチン・洗面所・リビングのモノの配置から見直してみると、
毎日の暮らしはかなり変わります。

どこに何を置いていいのか分からない方は、
まず、ゴールデンゾーンの見直しを行ってみましょう。

1人で考えるのは難しい~という方は、一度ご相談くださいね‼

■LINEお友達登録

 

 

 

現在93名の方にご登録いただいてます。
コメントのやりとりはこちらから!
お気軽にご登録くださいね♪

 

■ランキングに参加中!応援よろしくお願いいたします!
↓↓
暮らしEDIT - にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

関連記事

  1. リヒトラブ ドキュメントボックス

    【収納を整える】プロにいいネされた、書類管理と領収書管理にお…

  2. ライフオーガナイザー

    【収納を整える】ざっくり収納と何でもボックスは大違い!?利き…

  3. 【収納を整える】季節飾り収納とモノの整理~ハロウィン編~

  4. ライフオーガナイズ

    【モノ選び】スリッパの買い替えから学ぶ、ライフオーガナイズ

  5. ラップの詰め替え

    【暮らしを整える】ラップの詰め替えを手放しました

  6. リビング

    【部屋を整える】ごちゃごちゃリビングをすっきりさせるために見…

\毎週月曜日9時に配信/
我が家の「ここの収納どうなってる?」
などをピックアップしてお届け♪