部屋別収納インテリア

開封済みの食材保管に便利!話題の「ダイソー」スライドジッパー、使ってみて納得の使用レポ

こんにちは!

ライフオーガナイザーのきづきともこです。

『自分と暮らしを整えるライフオーガナイズで毎日ラクが続く片づけ・収納のコツ』について発信しています。

昨年あたりから、「これは便利!」とあちこちで聞くようになった「ダイソー」の「スライドジッパー」。

「そんなに便利なら、試してみたい…!」と購入してみましたのでレポしたいと思います!

ダイソーのスライドジッパーとは?サイズなど

「スライドジッパー」とは、差し込むだけで、「簡単に密封」できるという、ダイソーのキッチングッズです。(セリアにもあるそうです!)

ダイソー スライドジッパー

内容量:2個入 110円

商品サイズ:【S】1cm×1cm×14cm(使用する袋の適正サイズ11㎝まで)
      【M】1cm×1cm×19.3cm(使用する袋の適正サイズ16㎝まで)
      【L】1cm×1cm×24.5cm(使用する袋の適正サイズ20㎝まで)

ダイソー スライドジッパー

私はお試しで、SサイズとMサイズを購入してみました。

スライドジッパー使い方

さっそく使ってみました。

ダイソー スライドジッパー

使い方は、開封した袋の口を折り、スライドジッパーの黒い部分を差し込むだけ。

スムーズに挟むために、しっかり折るのがコツです。

ダイソー スライドジッパー

いきなり、マチのある袋を選んでしまい、差すのに手こずってしまいました。

よく見ると、パッケージに「マチがある袋はその部分をのばして平らにしてからご使用ください」と表記してありました…!

ま、入ったのでとりあえずこれはOK。

無理やり入れると壊れそうなので、厚みがある袋やマチ付きの袋は注意が必要ですね!

使う時は、反対に抜くと開封できます。簡単!

今まで、開封済みの袋は、基本クリップか輪ゴムでとめていました。

ダイソー スライドジッパー
ダイソー スライドジッパー

クリップは使い慣れていてラクなのですが、袋の口がクシャクシャになるし、使っていると割れてしまうのが難点でした。

輪ゴムは密閉度が低いので、どうしても、という時だけ使っていました。

スライドジッパーは、差すだけで密封できてとても簡単だし、クシャクシャにならずに済むのもいいですね!

いろいろ使ってみました

使用例に書いてあるのは、S:コーヒー、お茶菓子類などのサイズに、M:コーヒー、レトルト、菓子類などのサイズに、L:ポテトチップス、菓子類などのサイズに適応とのことです。

わが家は、先ほどの麦茶の他に、冷蔵保存のオニオンスープにMサイズを。

ダイソー スライドジッパー

ジッパー部分に粉が付いて、密閉できていなかったので助かりました!

ダイソー スライドジッパー

ちなみに、耐熱温度「-20℃~120℃」なので、冷蔵庫や冷凍庫でも使えますよ!

Sサイズのスライドジッパーは、子どもの小さなお菓子などによさそうです。

鰹節のパックにもちょうどいい♪

ダイソー スライドジッパー

今回、家の中で開封済みの袋をうろうろ探してみましたが、ほとんどスナック菓子でした。

スナック菓子はLサイズでないと長さが足りません。

実際試してみて、差し込むのがあまりにも簡単で、これなら夫や子どもたちでも使えそうなので、Lサイズも追加しようと思います。

人気の理由に納得!なスライドジッパー、ダイソーやセリアに行かれた時はぜひチェックしてみてくださいね!

▽クロッカス情報、追記してます

片づけとインテリアで自分と暮らしを整えるメルマガ

【配信内容】
・片づけマインド
・今の時期におすすめの片づけ収納事例
・イベントやキャンペーンの先行案内
・ブログ更新のお知らせ・講座のご案内

読者登録は無料です

読者登録はこちら

ライフオーガナイズを学びたい

講座やサポート(広島県福山市/オンライン)も行っています

≫最新のお知らせはこちらから

≫すぐに学べるメール講座はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。