「この手帳、私も欲しい!」声続出!2022年エディット手帳週間ノートが届いたので中身をご紹介します

きづきともこ
記事内にプロモーションを含む場合があります

今年使ってとてもよかったEDiTの週間ノート。

使い方をインスタにも上げたら、「初めて知った!」「気になる!」「候補に入れる!」とコメントいただき、週間ノート仲間が増えそうでなんだか嬉しいです。

スポンサーリンク

2022年に選んだ手帳は?

2022年用に私が選んだのは「EDiT 手帳 2022 スケジュール帳 12月始まり 週間ノート セミA5 スープル・プリュス」のインディゴブルー。

今まで、ライフスタイルに合わせて、手帳の種類、サイズやカバーなど変えてきて統一感がなかったので、前年と同じ手帳で揃えるのはとても新鮮で嬉しいです。

EDiT週間ノートの中身

さっそく開封して中身を確認♪
私がよく使っているのは、【プロジェクトタイムライン】

ここで、お仕事の年間スケジュールを立てています。
プロジェクトごとに年間を通して俯瞰できるので、とても便利!

それから、月の予定管理は【マンスリー】

毎月のテーマや、TODOの欄がたっぷりなのも嬉しいです。
仕事だけでなく、月1の家事やライフログなど、あれこれ書いておけるスペースはありがたいですよね。

そして、メインページの【週間ノート】

週間ノートの私の使い方は、こちらの記事に詳しく書いてます。

【2022手帳選び】今年使ってよかったエディット週間ノートと、手帳の中身

その他、思うこといろいろ

ざっくりとしたフォーマットなのに、予定をきちんと管理できたり、メモ欄が多くてあれこれ書く楽しみも味わえるEDiTの週間ノート。

実は、手帳の半分くらい罫線ノートが付いています。

この罫線ノートが、手帳にしては多めの102ページ。

口コミでも、ここはもっと欲しい、便利との声が多いのですが、私は使いきれずに2021年は終わりそうです。

2022年は、もう少し使い道を模索してみたいところです。

こんなふうに使いました!【手帳の下ごしらえ】新しい手帳を使う前に準備した、未来を先取るフォーマット5つ

【手帳の下ごしらえ】新しい手帳を使う前に準備した、未来を先取るフォーマット5つ

それから、注文時には気が付かなかったのですが、インディゴブルーの2022年の刻印が、シルバーなのがちょっとがっかりポイントでした…。

今年と同じゴールドがよかったな。

これは、デザイン上どうしようもないけど、他のカラーのカバーは刻印がゴールドだったので、揃えてくれたらいいのになぁと思いました。

2022年の手帳を使い始めるのは2か月先くらい?ですが、人気の手帳は年末には売り切れちゃうので、早々にゲットできてよかったです。

みなさんの新しい手帳も気になります♪

かんたん&おしゃれ!手帳の下ごしらえに「月と季節」のシールがで実用的でおすすめです
運営者
きづきともこ
きづきともこ
ライフオーガナイザー
2015年より自宅の暮らしについての収納インテリアブログを始め公式ブロガーに。パートの傍ら、ライターとしても活動。2020年、40代で起業し、ライフオーガナイザーとして収納コンサル・講座活動スタート。2023年よりブログのサポート開始。現在、「本当にやりたかったことを叶えたい」「頭も暮らしもすっきりしたい」そんな夢を叶えたい、好きを仕事にしたい人のために『思考の整理』『ブログ発信』『身の回りのオーガナイズ』のサポートを行っています。広島県福山市在住
記事URLをコピーしました