MENU
部屋別収納インテリア

感動!ぬいぐるみが「オキシ漬け」でさっぱりきれいに蘇る!用意するものや洗う方法とは?

ぬいぐるみ オキシ漬け

実家に保管してあった、私と私の妹が子供の頃に遊んでいたぬいぐるみ。

娘が欲しいというので引き取る事になりました。

とはいえ、30年…?くらい前のもの。

薄汚れているし、衛生的にも気になるところ。

こんにちは!

ライフオーガナイザーのきづきともこです。

『自分と暮らしを整えるライフオーガナイズで毎日ラクが続く片づけ・収納のコツ』について発信しています。

今回は、そんな汚れが気になるぬいぐるみを、まとめてオキシ漬けしてみる事にしました。

手順など、参考にしていただけると嬉しいです。

オキシ漬けでぬいぐるみを洗う方法

用意するもの:オキシクリーン、お湯、バケツ、泡だて器や古歯ブラシなど混ぜるモノ、ゴム手袋、ブラシ

  1. バケツにぬいぐるみが浸るくらいのお湯をためる
  2. オキシクリーン(粉末)を入れて泡だて器や古歯ブラシで混ぜて溶かす
  3. ぬいぐるみを漬ける
  4. 1時間~2時間程度、放置する
  5. 手袋をして水道水でゆすぐ
  6. 洗濯機で少量の洗剤、ドライコースで洗って脱水
  7. ブラシで軽くブラッシングする
  8. 陰干しする

注)ウール、革、アンティーク、ぬいぐるみの中に機械が埋め込まれているもの、紙製のものは洗えませんので注意してください。キーホルダーなど、金属の部分は外してから洗ってください。

ともこ

オキシクリーンの代わりに「酸素系漂白剤」でもOK!

実際に洗ってみると、ふわふわになりました

オキシクリーンに漬けた瞬間から、お湯がどんどん濁っていきました…‼

このまま、たまに浮いた部分を漬けこみながら1~2時間置きます。

オキシ漬け ぬいぐるみ

ゆすぐ時にも茶色い水が出てきました。

ともこ

目に見えない汚れがこんなに…!

我が家の場合は、少々痛んだり型崩れを承知でオキシ漬け後、洗濯機のドライコースで洗いました。

気になる場合は手でもみ洗いして、脱水だけ洗濯機でかけるのがおススメです。

オキシ漬け ぬいぐるみ

あとは、しっかり乾かすだけ!

ぬいぐるみがワントーン明るくなりました。

綺麗になり、除菌もできるそうなので、晴れた日にぬいぐるみのお洗濯すると気持ちがいいですよ!!

今回使ったオキシクリーンはこちら。

↓酸素系漂白剤でも同じように洗うことができますよ~

今回バケツとして使ったオムニウッティは、収納用品としても、バケツとしても使えるので、一石二鳥でおすすめです。

普段はぬいぐるみ入れに、洗う時は漬け置き容器として使えます。

おうちのインテリアに合わせて色が選べるのもいいですよね♪

ぬいぐるみオキシ漬け

ぬいぐるみのオキシ漬け、いかがでしたでしょうか?

汚れが気になる方は、とっても簡単にさっぱりきれいになるオキシ漬け、ぜひお試しくださいね‼

▽おうちの家事に関する記事はこちらもおすすめです

15分で子供服の衣替え完了!子供服の衣替えとシーズンオフの収納方法はこちら

メリットだらけだったサーキュレーターの記事はこちら

ライフオーガナイズで暮らしを整える

私が暮らしに取り入れているのは、「自分はこうしたい」を大事にし、ものや考えを整理していく『ライフオーガナイズ』という片づけです。

ライフオーガナイズの片づけスキルを得てからは、片づけたいと思ったらすぐに実行できるようになり、どんな収納方法だったら維持できるか分かるようになり、時間の使い方まで整理できるようになりました。

空間の片づけでなく、自分らしい暮らしが叶っていく「ライフオーガナイズ」をたくさんの方に知っていただきたく、このブログを綴っています。

ライフオーガナイズっておもしろそう!暮らしがラクになりそう!と思っていただけたら嬉しいです♪

片づけのきっかけにおすすめの講座

利き脳片づけ収納術講座

自分の利き脳を知って、行動のクセから片づけやすい収納方法を見つける講座です

片づけとインテリアで自分と暮らしを整えるメルマガ

【配信内容】
・片づけマインド
・今の時期におすすめの片づけ収納事例
・イベントやキャンペーンの先行案内
・ブログ更新のお知らせ・講座のご案内

読者登録は無料です

読者登録はこちら

ライフオーガナイズを学びたい

講座やサポート(広島県福山市/オンライン)も行っています

≫最新のお知らせはこちらから

≫すぐに学べるメール講座はこちら