片づけのコツ

家は自分の鏡、今の状況を変えたいなら少しだけ片づけてみて

パラティッシ
きづきともこ
記事内にプロモーションを含む場合があります
スポンサーリンク

「家」は自分を映す鏡

「片付けたい」「断捨離しなきゃ」「もっと部屋がこうだったらな」
よく聞くセリフですし、自分もよく言っていました。

私がおうちのインテリアや収納に興味があるのは、自分を表現できる場所だから。

単純に、好みのインテリアに仕上がったら気分も上がるし、散らかっていると気分も落ちる。

思い返しても、私が部屋の模様替えをするときは

・ライフサイクルが変わるとき
・新しい自分になりたいとき
・なんかモヤモヤするとき

そんな風に、いつも自分と何かしら結びついていたように思います。

オープン階段

「自分のこうしたい」が先にあって、インテリアを変えることもあるし、逆に「今日はここの散らかっちゃった場所を整理しよう!」と片づけることで、気持ちがすーっと整って落ち着くこともあります。

「家」は自分を映す鏡というのは、本当にその通りだなぁと思います。

「家」を整えると、自分も変われる

片づけの力って、本当にすごいです。

・今の状況を変えたい
・憧れの暮らしを実現できる私になりたい
・ストレスなく、毎日ワクワクして過ごしたい

そんな風に思っている人は、今すぐ片づけを始めたほうがいいです。

「家」は自分を移す鏡。

少しずつでも「家」を整える事で「自分」も変わっていきます。

自分のお気に入りに囲まれ、不要なモノの無い暮らしは、どれだけ自分をリラックスさせてくれ、また高めてくれるんだろうとワクワクしませんか?

「とりあえず」で選んだモノに囲まれて、「何となく」でモノを取っておき、
なんだかいつもモヤモヤしているとしたら、

「とりあえず」で選ぶことをまずやめて、「お気に入り」にこだわってみる。
「何となく」で取っておくことをやめて、きちんと「自分で取捨選択」することを意識してみる。

それだけで、「家」はどんどん自分の理想の空間になり、「自分らしく」過ごせるのだと私は思います。

あなたは、どんなお部屋に住みたいですか?
片付けた先に、どんな自分が想像できますか??

変わりたかったら、まず環境を変えてみませんか??

あわせて読みたい
「片づけられるようになりたい」の裏の気持ちと、40代からの『こだわりの片づけ方』
「片づけられるようになりたい」の裏の気持ちと、40代からの『こだわりの片づけ方』
ともこ
ともこ

収納・インテリアのご相談も承っています。

詳細は「収納コンサルティング」のメニューをご覧くださいね。

最新情報をお届けします

このブログでは、『思考』×『空間』×『時間』を整え、やりたいことを叶える自分になるための方法についてお伝えしています。

ブログの更新や講座情報のお知らせは、NEWS LTTERでいち早くお伝えしています!登録解除もかんたんにできるので、いつでもお気軽にお受け取り下さいね。

ご登録プレゼント!
  • 4週間でおうちを順番に見直していくことができる『おうちの片づけカレンダー』プレゼント!
  • わが家で愛用している収納グッズがまるっと分かる『My favorite storage goods紹介シート』プレゼント!
  • \NEW/やりたいこと、叶えていこう!『やりたいことを見える化する!weekly planning sheet』プレゼント!

▽暮らしEDITのサービスメニューはこちら

運営者
きづきともこ
きづきともこ
ライフオーガナイザー
2015年より自宅の暮らしについての収納インテリアブログを始め公式ブロガーに。パートの傍ら、ライターとしても活動。2020年、40代で起業し、ライフオーガナイザーとして収納コンサル・講座活動スタート。2023年よりブログのサポート開始。内向的で直感型。利き脳は右右脳タイプ。
記事URLをコピーしました