部屋別

「不要品買い取りシステム」で子どもでもさくさく片づけが進む、中学生の部屋作りレポ part3 

こんにちは!

『お気に入りに囲まれた空間で、ワクワク軽やかな日々を送りたい!』

部屋・収納・思考・時間を整えることで暮らしの質を上げる、ライフオーガナイザーのきづきともこです!

講座・片づけ収納サポートは、HP『片づけ収納サポート暮らしEDIT』をご覧ください♪

このブログでは、自宅の片づけ収納・私がやってよかったこと・お気に入りのものから、自分を整えるために実践していることなどをご紹介しています。

小学校を卒業した息子の片づけと部屋作りについて、わが家が行っていることを綴っています。

▽前回までの様子はこちら

学用品、教材の全出し

春休み中に、学用品や教材、プリントなどは、中学校のものが入ってごちゃまぜにならないようにしたいので、しっかり分類しておきたいところ。

小学校の間に増えてしまった文具なども、この機会に見直してもらいます。

1階の学習コーナーの全出しで、不要なものは処分し、残りは2階へ持って上がりました。

教材全出し

▽1階のものを分類したときの詳細はこちら

2階は2階で、2軍の文具や学用品を置いていたので、それらも含め、再度全出し!からの分類。

こちらは、文具。

全部出してみると、すごい量です…。

教材全出し

こちらはその他のもの。

教材全出し

種類ごとにわけてここから本人に要不要をチェックさせました。

「不要品買い取りシステム」でやる気アップ

さて、問題はここから。

本人のやる気をどう上げるか。

さっさと終わらせてほしい母 vs めんどくさい、ゲームしたい息子

ここは、本人のためにも、短時間で集中して終わらせてもらう方がいい、と考え、「買い取りシステム」でさくっと終わらせる作戦を試してみました。

「買い取りシステム」の内容は、

  1. この中から、必要なものを選んでください
  2. 不要なものは、1個1円で買い取ります

というもの。

1円が安いか高いか分からなかったのですが(笑)

短い鉛筆や明らかに不要そうなものも多かったので、それらもカウントするということで息子の目もキランッ。

不要品買い取り

息子にとって、1円の価値もないものが出るわ出るわ、今までにない勢いで、チェックしながらどんどん手放していきました。

といっても、お金欲しさになんでもかんでも手放す、ということもなく、大事なものはちゃんと手元に残していたのは感心でした。

1円というラインが絶妙だった気がします。

「買い取り結果」と息子に期待すること

結果、不要だと判断したものはこれだけ。

買い取り結果

気になる買い取り価格は、「278円」でした!

母としては、あれだけ盛り上げておいて278円はちょっと少なかったかな(汗)と思いました。息子も「そんだけ~!?」と言っていました(笑)

金額にすると微妙でしたが、278点も手放せたのはすごい!

親子で楽しめたので、試してみてよかったです。

片づけレベルが低いどころか、興味すらない息子には、一からすべての片づけを一人でできるようになんて思ってなくて。

でも「生活スタイルが変わるときはこんなふうに見直すんだよ」という流れを体験してもらいたいと思っているので、「買い取りシステム」で楽しく自分で要不要チェックができただけでも、良かったなと思っています。

買い取り結果

というわけで、床に広がっていたものたちが片づきました。

いよいよ、家具を搬入できます。

というわけで、今回は息子の片づけを促進させるための、親子で楽しむ「不要品買い取りシステム」のご紹介でした。

息子部屋作り、まだまだ続きます!

▽「生活スタイルが変わるけど、何をどう変えたらいいか分からない」という方はお気軽にご相談くださいね