部屋別

【家を整える】傷だらけのフローリングを補修!手軽&かんたんに取りかかれる、おすすめの補修クレヨン

椅子の脚につけている、傷防止のフェルト。

知らない間に剥がれて、「ギギーーーッ」と嫌な音で気づく…なんてことはありませんか?

こんにちは!

『お気に入りに囲まれた空間で、ワクワク軽やかな日々を送りたい!』

部屋・収納・思考・時間を整えることで暮らしの質を上げる、ライフオーガナイザーのきづきともこです!

講座・片づけ収納サポートは、HP『片づけ収納サポート暮らしEDIT』をご覧ください♪

このブログでは、自宅の片づけ収納・私がやってよかったこと・お気に入りのものから、自分を整えるために実践していることなどをご紹介しています。

夏の終わり、わが家の娘の椅子のフェルトが剥がれていて、思いっきり床に傷が入りました。

築15年のわが家はすでに傷だらけなので、「あーまたやってしまった~」くらいな感覚なのですが、その後、すぐに対応しなかったので、さらに細かい傷が入ってしまいました…(こういうところ直そ…)

というわけで、娘と一緒に床の補修(傷隠し)をしましたのでご紹介します。

傷だらけのフローリング現状

わが家のフローリングは突板で、表面だけ無垢のシートが貼ってあるタイプのフローリングです。

ほんと、ここまで傷だらけになったら目立ちますね…。

ウォルナットなので、特に白い傷は目立ちます。

購入したのは何年も前なのでうろ覚えですが、フローリングの傷を隠す用のクレヨンは、確か100円ショップで購入した3本セットと、ホームセンターで購入した1本を持っています。

100円ショップのクレヨンは色が合わなかったので、ホームセンターでもう1段深いブラウンを買い直したような…。

おすすめの補修クレヨンと道具

今回使ったのは「かくれん棒」という商品。

1本あれば、ずー--っと使えるので、とってもおすすめです。

▽私が使っているのは木目書き用という、補修後に木目を書いたり、かんたんな傷を隠せるソフトタイプの補修クレヨンです

100円ショップのクレヨンを使った後に使うと、補修のしやすさが全然違って驚いたことを覚えています。

100円ショップのクレヨンはすごく硬かったのですが、「かくれん棒」は柔らかい!

ねっとりしている(←表現…)ので、傷に塗り込みやすいんです。

傷に合わせて塗って、ヘラで埋めて、まわりを拭き取るとこんな感じ。

傷自体が消えるわけではないのですが、かなり目立たなくなります。

ちなみに塗り込むときに使っているのは、100均のクレヨンについていたヘラと、無印のヘラです。

ヘラはあった方が断然作業しやすいです。

仕上げは天然ワックスをひと塗り

地道な作業ですが、無心で埋めていく作業は嫌いじゃない(笑)

だいぶ目立たなくなりました。

傷の周りを拭き取るときに、ゴシゴシしすぎてフローリングがパサパサになったので、仕上げに「ラナパー」を薄ーく塗っておきました。

ラナパーは天然成分100%のワックスで、革製品から家具まで幅広く使えるので、これまたひとつあるととっても便利です!

ひとまず、大きな傷は目立たなくなったので、今回は良しとします。

他にも、クロスの汚れや壁の穴の補修など、気になることはたくさん。

ぼちぼちがんばります。

▽かんたんに隠したいときはこちら(わが家と同じソフトタイプ)

▽大き目の傷やしっかり補修したいときはこちら(溶かして使うハードタイプなのでちょっとコツが必要そう)

私は溶かすのは取りかかるまでのハードルが高いと思うので、ちょっとした傷が目立たなくなればいい、くらいの人はソフトタイプがおすすめ~

参考にしていただけると嬉しいです。

ライフオーガナイズで暮らしを整える

私が暮らしに取り入れているのは、「自分はこうしたい」を大事にし、ものや考えを整理していく『ライフオーガナイズ』という片づけです。

ライフオーガナイズの片づけスキルを得てからは、片づけをすぐに実行できるようになり、維持できる収納方法が分かるようになり、時間の使い方まで整理できるようになりました。

空間の片づけでなく、自分らしい暮らしが叶っていく「ライフオーガナイズ」をたくさんの方に知っていただきたく、このブログを綴っています。

ライフオーガナイズっておもしろそう!暮らしがラクになりそう!と思っていただけたら嬉しいです♪

暮らしを整える片づけオンラインサロン『Room with』主催

誰かといっしょに片づけに取り組みたい方におススメです!

無料メルマガ配信中

ライフオーガナイザーが実践しているリアル片づけ、ブログには書かない日々の考えはメルマガで発信中!ブログ更新のお知らせ、イベントの最新情報もいち早くお届けしています