利き脳タイプ別収納法とは?利き脳をチェックする方法

利き脳チェック

利き脳とは?

 

利き手や利き足があるように、脳にも右脳か左脳で人によって「利き脳」があること、ご存知ですか?

 

手や足は無意識に使いやすい方を使っていて、自分は右利きなのか左利きなのか、ちゃんと分かっていますよね。

でも、脳の中は見えません。

そして、自分がどっちの脳を優位に使っているか知っている人は少ないのです。

 

利き脳

 

例えば、

右脳はものごとをひらめいたり直感的に受け入れるとき、イメージしたり想像したりするとき、色や形を認識するときなどに使う脳。

左脳はものごとを意識的、段階的、計画的に受け入れるとき、ルーティーンワークをするとき、文字や数字を認識するときに使う脳。

 

心地よくスムーズに使えるのが右脳なのか左脳なのか知る事は、心地よい暮らしや片づけやすい空間を作るための大きな手助けになってくれます。

なので、ぜひご自身の脳のどちらを優位に使っているのかを知っていていただきたいなと思います。

 

利き脳タイプ別収納法とは??

 

ライフオーガナイズのお片付けの手段のひとつに、利き脳タイプ別収納法という方法があります。

利き脳タイプ別収納法は、さきほどの「利き脳」に合わせて、収納方法をご提案するというもの。

 

  • 雑誌やSNSの収納方法を真似してみたけど、リバウンドしてしまう・・・。
  • どれだけ収納を整えても、しっくりこない・・・。
  • 収納グッズ揃えても、家族はそこに戻してくれない・・・。
  • 収納方法を考えるのが、苦手・・・。

 

そんな方は、もしかして自分の得意な脳に合った収納方法ではない、誰か違う脳タイプの人に合った方法を真似して失敗しているだけなのかも。

自分の脳タイプをきちんと知る事で、自分がラクだと思う収納方法を知ることができます。

また、自分と家族の脳タイプを知る事で、片づけやすさは人によって違うんだ!という事が分かるようになります。

 

 

利き脳チェックやってみよう!!

 

利き脳タイプ別収納方法を知るために、インプットの時に使う脳とアウトプットの時に使う脳それぞれの利き脳を調べます。

 

インプットとは、情報を脳に取り込んで把握するとき。

アウトプットは、脳で整理した情報を行動であらわすとき。

 

これを収納に当てはめると、

インプット=モノを探す時

アウトプット=モノを戻す時

となります。

 

インプットの脳タイプとアウトプットの脳タイプを調べ、それぞれかけ合わせて4タイプに分けます。

チェック方法は簡単♪

インプットは指を組んで、アウトプットは腕を組んで、右と左のどちらが下になるのかチェックします。

 

 

インプット右脳アウトプット右脳右右脳タイプ
インプット右脳アウトプット左脳右左脳タイプ
インプット左脳アウトプット右脳左右脳タイプ
インプット左脳アウトプット左脳左左脳タイプ

となります。

みなさんは何脳タイプでしたか??

ちなみに私は右右脳タイプです。

タイプ別の特徴や具体的な収納方法は、話し始めると長ーーーくなってしまうので(笑)

こちらで少しずつ記事にしたり、講座でお話したりしますので楽しみにしていてくださいね!!

 

関連記事

  1. ライフオーガナイズ

    【利き脳】利き脳タイプに合わせたパソコンの整理方法とフォルダ…

  2. 学習コーナー

    【おうちの仕組み化】入学前に読んでほしい、学習用に買うならこ…

  3. ファイルボックス

    利き脳タイプ別収納『左左脳タイプ』さんはこんな人!

  4. 右左洗面

    利き脳タイプ別収納『右左脳タイプ』さんはこんな人!

  5. フレッシュロック

    利き脳タイプ別収納『右右脳タイプ』さんはこんな人!

  6. 【募集】1月より、利き脳片づけ®収納術講座を暮らしEDITで…

\毎週月曜日9時に配信/
我が家の「ここの収納どうなってる?」
などをピックアップしてお届け♪