寝室・クローゼット

【防災収納】地震に備えて、寝室の安全を見直す

9月に引き続き、わが家の防災について見直しています。

備蓄がだいたい揃ったので、次は、各部屋の安全性を確認していこうと思います。

今回は、寝室です。

大型家具はないか?

寝室によくある家具と言えば、本棚やタンスです。

わが家は、主寝室で子どもたちと一緒に4人でマットレスを敷いて寝ています。

クローゼットがあるのでタンスは置いておらず、備え付けのデスクとカウンターがあって、その下が引き出しと本棚になっています。

家具自体、備え付けられているのでわが家の場合は、そこはクリア。

大型の地震の際は、大型家具が倒れるととっても危険ですよね。

タンスも、セパレート式で上下に分かれているタイプや、カラーボックスなどを重ねて使っている場合は、上部だけずれ落ちてくることがあって危険らしいので、チェックしてみてくださいね。

通路の確保は?

家具が倒れると、自分の身が危険であるほかに、通路をふさいでしまう危険性もあるそうです。

ドア付近に家具を置いている場合、もし倒れたら出入口をふさいでしまわないかもチェック。

わが家の場合は、寝室に家具を置いていないので、これもクリア。

出入り口をふさぐ危険性、という視点は持っていなかったので、今回学んでおいてよかったです。

落ちてくると危険なものはないか?

最後に、落ちてきたら危険なものをチェックしていきました。

もともと、備え付けデスクの付近で寝ることは、家を建てたときには想定していなかったのですが、今は部屋全体を使って家族で寝ているという状況。

なので、デスクの下も、ものが落ちたら危ないです。

今回、棚に置いていたものを見直して、落ちたらけがをする可能性のあるものは取り除くことにしました。

軽いものだけに厳選し、取り除いたものは、こちら。

陶器、不安定な時計、ガラスを使ったフレームの3つです。

これらは、ここでない場所へ移そうと思います。

今後、子どもたちが自室で寝るようになれば、またここに置くものも変わってくると思いますが、今は寝室は安全が最優先。

引き続き、いざという時のために、寝室に置いておくといいものや、他の部屋も見直していこうと思います。

片づけとインテリアで自分と暮らしを整えるメルマガ

【配信内容】
・片づけマインド
・今の時期におすすめの片づけ収納事例
・イベントやキャンペーンの先行案内
・ブログ更新のお知らせ・講座のご案内

読者登録は無料です

読者登録はこちら

ライフオーガナイズを学びたい

講座やサポート(広島県福山市/オンライン)も行っています

≫最新のお知らせはこちらから

≫すぐに学べるメール講座はこちら